ドメーヌ ボー(富山)

Domaine Beau ドメーヌ・ボー 最先端技術を取り入れつつ、リュットレゾネ(減農薬栽培)など、できる限り自然のままでブドウ作りを行ない、自然の中に住む生き物や微生物の声を聴き、対話しながら健全で美しい畑が作られています。 2020年現在、ワイナリーの畑12haに27,000本のぶどうの樹が植えてあります。 2021年春には15haの畑に34,500本のブドウの木が、2022年の春には18haの畑に42,500本の元気満々のブドウの木が植えられます。 100年先、200年先まで続く美しいワイナリーを残していくことを目指しています。
4